愛知、競り合い制して今季初勝利 京都は開幕2連勝

[ 2019年3月25日 05:30 ]

日本女子プロ野球 ヴィクトリアシリーズ春季リーグ ( 2019年3月24日    わかさスタジアム京都 )

勝ち越しスクイズを決めた浅野
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズ春季リーグは2試合を行った。愛知ディオーネは埼玉アストライアとの競り合いを制して今季初勝利を挙げた。6回に9番・浅野が決勝スクイズを決め、「取って取られての展開だったので絶対に決める気持ちで打席に立った」と胸を張った。

 京都フローラは埼玉を下し、1分けを挟んで開幕2連勝。2回に佐々木、三浦、厚ケ瀬が3連続適時打を放つなど6安打の集中打が光った。決勝打を含む2安打の9番・佐々木は「勝てて最高。思い切り振れたことが結果につながった」と喜んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース