【関西大学野球の新星】龍谷大・藤高祐一郎外野手(高知商)持ってる“メモリアル男”が名門復権へ導く

[ 2019年3月25日 10:00 ]

〝持ってる男〟藤高が名門・龍谷大復活Vの原動力になる
Photo By スポニチ

 メモリアル男が龍谷大復権に力を尽くす。「第100回全国高校野球選手権記念大会」での第1号本塁打を放ち、聖地に大歓声を呼び起こした藤高祐一郎外野手は「甲子園は凄かったです。広いし、お客さんもすごく入るし。何より楽しくて仕方がない場所でした」と懐かしそうに振り返った。

 昨夏、創部100周年の節目の年に12年ぶり甲子園出場を果たした高知商。藤高は4番打者として1回戦・山梨学院戦に臨んだ。1―1の同点で迎えた3回2死二塁。垣越建伸(現中日)の投球を完璧に捉えた打球は、右翼席へ美しく完璧な放物線を描いた。「打った瞬間に“行った”と思いました。ただベースを回っている時は頭が真っ白でした」。試合は7―1の6回に一挙8点を失い、追いかける展開になった。ただ藤高はもちろん、チーム全体にも焦りはなかったという。

 「チームとして野球を楽しむことに集中していました。試合前に監督から“野球を楽しめ”という指示がありましたし、あの試合はサインもそんなに出ませんでした。滅多に来られない場所で野球をさせてもらえるので、楽しまなきゃ損ですから」

 9―10の6回には右前に逆転2点打。5打数2安打4打点の活躍で打ち合いを制する原動力となった。2回戦・慶応戦は5打数無安打、3回戦・済美戦は4打数1安打とともに個人的には不本意な内容だったが、楽しむことを貫いただけに思い残すことはなかった。

 実は1回戦の翌日、龍谷大を見学に訪れていた。昨季に龍谷大で主将を務めた寺崎裕介さんとは小学時代に「田原本東レッドファイターズ」でともにプレー。「姉の同級生で、龍谷大に行ったことは知っていました。だから、いいかな…と」。4学年違うが、優しく野球を教えてくれ、楽しさを教えてくれた“先輩”の背中を追いかけることを決めた。

 龍谷大は関西六大学リーグ最多となる28回の優勝を誇るが、最後の優勝は14年春。「プロに行けるような選手になりたい」と掲げるが、母校の復権がその前に成し遂げるべき目標だ。「1年から試合に出たいという気持ちはあります。1回生全員でチームにいい意味でのプレッシャーをかけていけるようになれば、全体がレベルアップすると思います」。持ち味の長打力、飛距離に磨きをかけ、起爆剤となってみせる。

 昨年夏、甲子園の空を舞った白球は手元に戻ってきた。思い出のホームランボールは実家に大事に保管してある。「持ってるかなとは思います。でも、もう使い切ったかも知れませんが…」とさわやかに笑った。実力だけではない。持って生まれた運も最大限に生かし、大学4年間で個人と全体の目標を両立してみせる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース