筒香、先制打締め「準備整った」横浜駅には超巨大QRコード登場

[ 2019年3月25日 05:30 ]

オープン戦   DeNA6―1西武 ( 2019年3月24日    西武D )

初回1死二、三塁 先制の右前適時打を放つ筒香(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 DeNA・筒香が先制適時打でオープン戦を締めくくった。初回1死二、三塁から武隈のカーブを拾うと右前にポトリ。「良いところに飛んでくれた。ラッキーです」と頬を緩めた。左ふくらはぎの張りによる離脱もあったが、10試合で打率・250、1本塁打、6打点。「いい準備が整いました」とうなずいた。

 練習中には、同じ91年生まれの西武・山川にバットをもらったが「僕にはあのバットは長くて扱えない」と苦笑い。この日から横浜駅前に超巨大QRコードも登場。ホームタウンの顔となる主砲は「技術的なところはもう何もない。一回疲労を抜いて、いいコンディションで迎えたい」と29日に迫った中日との開幕戦(横浜)に視線を向けた。 (町田 利衣)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース