札幌大谷・西原、野手で躍動「太田を助けるプレーができた」

[ 2019年3月25日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会1回戦   札幌大谷4―1米子東 ( 2019年3月24日    甲子園 )

3回2死三塁、西原は右前適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 札幌大谷のエースの西原健太(3年)は「5番・一塁」で出場して3回に右前適時打を放った。

 守っても邪飛を2度好捕。試合前に先発の太田に「任せた」と言葉をかけた背番号1は「太田を助けるプレーができた」とうなずいた。状態が上がらず、初戦は野手での出場になったが「次はマウンドに上がりたい気持ちがある」と登板に意欲を示した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース