龍谷大平安 延長11回の激闘制し京都勢200勝目、野沢4安打完封、奥村勝ち越し打

[ 2019年3月25日 11:13 ]

第91回選抜高校野球大会第3日第1試合 1回戦   龍谷大平安2―0津田学園 ( 2019年3月25日    甲子園 )

<第1試合 津田学園・龍谷大平安>延長11回表1死二、三塁、龍谷大平安・奥村は左翼線に適時二塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会第3日は25日、甲子園球場で行われた。第1試合は、津田学園(三重)と龍谷大平安(京都)が対戦。龍谷大平安が延長11回の激闘の末、2―0で勝ち、京都勢通算200勝目を挙げた。

 津田学園のプロ注目の最速148キロ右腕・前佑囲斗と、龍谷大平安の左腕・野沢秀伍の無失点投球が続き、今大会2試合目の延長戦に突入した。

 昨秋の公式戦で73回2/3を投げて82奪三振の前は4回、連続四死球で1死ニ、三塁のピンチを背負ったが、直球で2者連続空振り三振。9回1死二塁の場面でも直球で左飛、二ゴロに仕留めるなど、前評判通りの投球を見せた。

 一方、野沢は左腕から切れのいい直球、スライダーをコースに投げ込み、得点圏に走者を背負う場面もあったが、粘りの投球を続けた。

 龍谷大平安は延長11回、1死一、二塁からヤクルト・奥村展征を兄に持つ奥村真大の左越え適時二塁打で1点を勝ち越し。さらに1死二、三塁から犠飛で加点。死闘に終止符を打った。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース