西武ドラ1松本航、軽い肺炎で開幕絶望 5月復帰見込み

[ 2019年3月25日 05:30 ]

西武ドラフト1位の松本航(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 開幕3戦目となる31日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)先発が予定していた西武のドラフト1位・松本航(日体大)が所沢市内の病院で軽い肺炎と診断され、開幕絶望となった。小野投手コーチは復帰について「5月じゃないかな。きっちり治してから、段階を踏んでやっていく」と話し、高橋光を代役に充てることになった。

 この日の先発予定だった松本航に代わって、先発した中継ぎ左腕の武隈は5回3失点と好投。内海、榎田も開幕に間に合わない窮状に「今は先発で頑張ろうと思います。(先発の)雰囲気に慣れないと」と覚悟を口にした。辻監督も「試合をつくってくれたのはまずまず」と評価し、4月3日のロッテ戦(メットライフ)で先発することになった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース