ヤクルト村上、開幕スタメンなら球団55年ぶり最速タイ記録

[ 2019年3月25日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト4―2日本ハム ( 2019年3月24日    札幌D )

8回1死二、三塁、逆転の3点本塁打を放つ村上(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 ヤクルトの高卒新人野手で開幕戦に先発出場した選手はいない。高卒2年目では53年町田行彦(長野北=8番・右翼)、55年石田雅亮(明治=6番・一塁)、同年、南輝明(京都商=7番・遊撃)、57年土居章助(高知・城東=7番・遊撃)、64年高山忠克(作新学院=5番・中堅)と5人。村上が名を連ねれば55年ぶり6人目の最速タイ記録になる。

 過去5人のうち安打を記録したのは石田、高山(各1安打)の2人。本塁打は出ていない。ちなみに山田哲が初めて開幕戦に先発したのは高卒4年目の14年(1番・二塁)だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月25日のニュース