西武・十亀 900万円減の5100万円 フォーム改善に着手「2桁勝利は大前提」

[ 2018年12月3日 15:02 ]

西武の十亀剣投手
Photo By スポニチ

 西武の十亀剣投手(31)が3日、埼玉・所沢のメットライフドームで契約更改に臨み年俸6000万円から900万円減の5100万円でサイン。「シーズンとしては、いい入りができた。終盤に仕事ができなかった。優勝したとは言え、疎外感を感じていた」と振り返った。

 今季は開幕ローテーション入りし20試合に先発するなど22試合に登板。5勝8敗、防御率4・42で昨年の8勝7敗からも成績を落とし、不本意なシーズンになった。

 2段モーションでの投球を続けたが「対バッターになったときは改善の余地がある」と今オフはフォーム改善を行う予定。11勝した15年以来の2桁勝利が目標で「2桁(勝利)は大前提。先頭に立ってできるようにしないといけない」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月3日のニュース