西武・大石 130万円減で更改 パに集まった“早大3羽ガラス”福井、斎藤と「しっかり頑張りたい」

[ 2018年12月3日 13:41 ]

西武の大石達也投手
Photo By スポニチ

 西武の大石達也投手(30)が3日、埼玉・所沢のメットライフドームで契約更改に臨み年俸1400万円から130万円減の1270万円でサインした。

 「結果も数字も悪かった。好不調の波が激しいので、悪くても悪いなりに投げられるようにしたい」

 4月17日の日本ハム戦で今季初登板したが、その後2軍降格。6月中旬に再昇格して以後、6試合で1失点だったが、最終的には防御率7・00で、1勝0敗。昨年に続き今季も右肩痛にも悩まされ、10試合の登板に終わった。

 来季は早大時代の同期だった福井が広島から楽天への移籍が決まり、日本ハム・斎藤とともに早大3羽ガラスが同一リーグに集結。「福井も斎藤も含めて思うように成績を残せていない。3人ともやんなきゃという気持ちではあると思う。しっかり頑張りたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月3日のニュース