阪神・岡崎 智弁学園後輩G岡本封じ誓う「意識付けさせないと」

[ 2018年12月3日 05:30 ]

奈良県人会の野球教室で打撃指導する岡崎 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神・岡崎が生駒市で開催された「プロ野球・奈良県人会」の野球教室に参加し、智弁学園の後輩で同郷の巨人・岡本封じを誓った。

 「こちらが何かを徹底することで、気になるボールをつくることが必要。何かを意識付けさせないと、良いバッターなので普通に抑えることはできない」。特に今季の阪神投手陣は苦しめられ、被打率・404はセ5球団ではワーストだった。

 個人的には6試合出場に終わった14年目の今季も1軍戦は欠かさずチェック。捕手として配球の組み立ては常に意識し、イメージは完成している。「少しでも地元に恩返しできるよう長くやりたい。そのために結果を残したい」。岡本攻略法を武器に正捕手争いを脅かしたい。

 《DeNA三浦投手コーチも参加》DeNA・三浦投手コーチも参加し、約200人の子供たちと触れあった。「毎年、楽しくて、あっという間に時間が過ぎる。野球の素晴らしさを改めて感じます」。不参加だった同郷の後輩、巨人・岡本に対して「奈良県人としては今後が楽しみだけど、チームとしてはもちろん抑えなければならない。そのために投手陣に頑張ってもらわないといけない」と警戒を強めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月3日のニュース