メジャー志望のDeNA筒香 “優勝置き土産”計画「まず来年」

[ 2018年12月3日 05:30 ]

野球教室に参加したDeNA・筒香
Photo By スポニチ

 将来的なメジャー挑戦を表明したDeNA・筒香が、優勝を置き土産にして海を渡ることを誓った。

 大阪府堺市内での野球教室に参加。11月30日の契約更改交渉でポスティングシステムを利用したメジャー移籍の希望を球団に伝えたが、「優勝を経験したことがないので、まず来年はベイスターズで優勝したい」と話した。

 チームは98年以来、優勝から遠ざかっている。来季からメジャーに挑戦する同学年の菊池は、西武を10年ぶりの優勝に導いてから夢に向かって動きだした。子供たちに「こうなりたいというイメージを持って大きな夢を抱くことが大事」とメッセージを送った筒香。自身も夢の実現の前に、やるべきことがあることは自覚している。

 早ければ来オフのメジャー移籍を視野に入れるが、20年オフになった場合は東京五輪で金メダルという目標に挑む。日本の主砲は「日本にいたら、(侍ジャパンに)選んでいただけるように成績を残したい」と語った。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月3日のニュース