日本ハム・玉井 即席サイン会の神対応「オフのテーマはフォームを固めること」

[ 2018年12月3日 12:12 ]

札幌市内の室内練習場での自主トレ後、集まったファンにサインする日本ハム・玉井
Photo By スポニチ

 日本ハムの玉井大翔投手(26)が3日、札幌市内の室内練習場で自主トレを実施。ランニング、キャッチボールなどを行い、練習後には集まったファンにサインも行った。

 新人だった昨季に24試合に登板し、今季も40試合で2勝3敗、防御率4・13。右打者の内角を狙うシュートと左打者へのカットボールが得意な右腕は、好不調の波を減らせばセットアッパーも狙える能力を持つ。

 今オフは千葉・鎌ケ谷の寮を出て都内で一人暮らしを始める予定。北海道・佐呂間町出身の玉井は「オフのテーマはフォームを固めること。シュートとカットも磨きたいです」と目を輝かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月3日のニュース