ロッテドラ2東妻はタフさが売り スカウト「1年目から70試合くらいは」

[ 2018年12月3日 05:30 ]

マーくんの人形を手に力強いガッツポーズを見せる東妻(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ロッテドラフト2位・東妻(日体大)が契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約を結んだ。1メートル72と小柄ながら、最速155キロを誇る右腕。救援投手を熱望し「(阪神の)藤川さんのように最終回に出てくると、相手チームが諦めるような投手になりたい」と話した。

 永野吉成チーフスカウトも「1年目から70試合くらいは投げられる」とタフネスぶりを評価。新人最多登板記録は72試合で同じ和歌山出身で先輩になる益田が持っている。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月3日のニュース