初のオフへ巨人・田中俊、3連覇中の広島の兄・広輔と自主トレで時間共有、吸収図る

[ 2018年12月3日 10:00 ]

初のシーズンオフを迎える巨人の田中俊太内野手
Photo By スポニチ

 巨人・田中俊はずっと兄の背中を追いかけてきた。兄2人の影響で小1からソフトボールを始めた。小4には父がコーチを務める「相模ボーイズ」に加入。4歳上の長男で、広島で活躍する広輔と3歳上の次男は隣のグラウンドで練習していた。「かっこいいなと思いながらずっと野球をやってました」。兄2人の姿を見て、小学校高学年にはプロ野球選手になることが明確な目標になった。

 兄と同じ東海大相模、東海大に進学。高校、大学の両方で日本一を経験した。卒業後は「プロ一本で考えていた」とプロ志望届を出すも、声はかからなかった。社会人の日立製作所で2年間プレーし、17年ドラフト5位で巨人に入団した。

 1年目の今季は開幕戦で初安打を放ち、99試合に出場。シーズン終盤は「2番・二塁」でスタメンに定着。打率・241、2本塁打、12打点をマークしたが「そこまで手応えは感じていない。満足のいく結果ではなかった」と自分に厳しい。トーナメント戦が中心のアマチュアと異なり、どんな結果でも毎日試合があるプロ野球。気持ちの切り替えの重要性を学んだ。

 「何でもいいので勝利に貢献していくことが大事。1試合でも多く出ること」と2年目の目標を控えめに語った。初めてのオフ。自主トレは兄・広輔とともに行う。小学生の頃から憧れの存在。ついに同じ舞台に立ったが、3連覇した広島の中心選手になり、距離は「今も変わらない」。貴重なオフにするべく、兄と時間を共有する。まだまだ背中を追い続ける。(記者コラム・岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月3日のニュース