西武・相内、90万円増640万円でサイン「クビを免れた」 来季は「先発で勝ちたい」

[ 2018年12月3日 11:46 ]

 西武の相内誠投手(24)が3日、埼玉・所沢のメットライフドームで契約更改に臨み年俸550万円から90万円増の640万円でサインした。

 「ダメだったらクビだと思っていた。とりあえず耐えた、クビを免れた中継ぎだったかなと思う」

 プロ6年目の今季は自身最多の10試合に登板。9試合が中継ぎ登板で、0勝1敗でプロ初勝利はならなかったが防御率3・45とまずまずの数字を残した。

 来季は競争が激しくなる先発への再チャレンジを首脳陣に直訴。「競争は激しいと思うけど、挑戦したい。悔しい思いをしてきた先発で勝ちたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月3日のニュース