ハム鍵谷、1000万円減の4000万円 新球場への熱い思い明かす「一野球人として夢の球場」

[ 2018年12月3日 13:19 ]

<日本ハム>契約を終え会見する鍵谷(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの鍵谷陽平投手(28)が3日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、1000万円減の年俸4000万円(推定)で更改した。

 今季は開幕前に右尺側手根屈筋(前腕内側)筋挫傷の影響で開幕を2軍で迎えた。5月下旬に1軍初昇格したが、なかなか状態が上がらず今季は28試合で防御率4・28。過去3年連続で続いていた40試合以上登板も途切れ、「スタートからつまずいて立ち直ることができなくて悔しいシーズンだった」と反省。2023年開場予定の新球場でプレーすることを目標に掲げ「一野球人として夢の球場。あの球場でプレーできるように1年1年が勝負」と背水の覚悟を口にした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月3日のニュース