ソフトB工藤監督 野球人口減少に危機感 選手に野球教室などへ参加呼びかけ

[ 2018年12月3日 05:30 ]

バットを持たせて投球指導を行うソフトバンク・工藤監督(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・工藤監督が神宮室内練習場で行われた「チャリティ・キッズ・ベースボールスクール」に参加。ソフトバンク、巨人、ヤクルトの3球団8選手と野球チームの子供たちに実技指導し「野球を頑張っている子たちが夢を持ってくれれば」と笑みを浮かべた。

 指揮官は野球人口の減少にも危機感を示し、現役選手の役割が重要だと訴えた。「オフだから休むのも大事だけど、野球界のためには大事なこと」と野球教室などへの積極的な参加を呼びかけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月3日のニュース