立正大 高橋翔決めた10回サヨナラ「気負わず全力でやれた」

[ 2018年10月5日 05:30 ]

東都大学野球第5週第1日   立正大4―3亜大 ( 2018年10月4日    神宮 )

サヨナラ打を放った立正大・高橋翔大外野手
Photo By スポニチ

 気持ちで打った。立正大は3―3の延長10回2死一、二塁の好機で8番・高橋翔が「絶対に決める」とスライダーを右前に運んだ。二塁走者の生還を確認し、高崎健康福祉大高崎の1年生以来というサヨナラ打に両手でガッツポーズ。「投手に負けないように気持ちでプレーした。気負わず全力でやれた」と振り返った。

 今秋から2年生で唯一のレギュラー入りしたが6試合で2安打と振るわず「今まで打てずに迷惑を掛けていたのでうれしかった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月5日のニュース