ロッテ・平沢 勝利呼んだビッグプレー 今季から外野に挑戦、猛練習が実を結ぶ

[ 2018年10月5日 22:11 ]

パ・リーグ   ロッテ2―1楽天 ( 2018年10月5日    楽天生命 )

<楽・ロ>9回1死一、二塁、田中の右中間の打球を平沢がダイビングキャッチ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ロッテの3年目・平沢大河内野手(20)が、5日の楽天戦(楽天生命パーク)で同点を阻止するビッグプレーを見せた。2―1の9回1死一、二塁。田中の右中間への当たりをダイビングキャッチ。抜けていれば4年目・岩下のプロ初勝利が消えるだけではなく、逆転サヨナラ負けの危機。それらすべてを救った好捕だった。

 「(間を)抜かれないように深めに守った。ぎりぎりと思ったけど(中堅の)岡さんが(カバーに)来てくれると思い、思い切り行った。ああいうところで出たのは大きい」

 開幕前、ルーキー・藤岡との遊撃争いに敗れた平沢は2軍で出場機会をうかがうのではなく、1軍での出場機会を求めて「小学生以来」と外野に挑戦。内外野の練習をこなし、人一倍かいた汗が、シーズン終盤、結果となって出た。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月5日のニュース