オリ金子 FA行使熟考へ「最近、知ったばかりなので」

[ 2018年10月5日 05:30 ]

 オリックス・金子千尋投手(34)が4日、故障者特例措置により取得条件を満たすFA権について、シーズン終了後に熟考する方針を示した。

 現在、出場選手登録を抹消されている右腕はこの日、京セラドームを訪れ「(取得を)最近、知ったばかりなので、真剣に考えられない自分がいる」と心境を明かした。国内FA権を初取得した14年オフに権利行使して残留。当時と状況、環境を比べ「年齢も重ねましたし、違う部分もある」と言う。長村裕之球団本部長は「契約の話はシーズンが終わってから、時期を見てする。彼の考えも聞きたい」と話すにとどめた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月5日のニュース