国学院大 サヨナラ勝ちで勝ち点2 鳥山監督「「素晴らしい粘り強さ」

[ 2018年10月5日 19:33 ]

東都大学野球秋季リーグ第5週第2日   国学院大6―5中大 ( 2018年10月5日    神宮 )

 国学院大が中大にサヨナラ勝ちし、連勝で勝ち点を2に伸ばした。中大と勝ち点で並んだが、勝率で上回り、リーグ首位に立った。

 3―5の7回に、無死一塁から川口奨弥外野手(4年=旭川大高)が左翼へ適時三塁打を放ち、なおも無死三塁から、伊藤雅人内野手(3年=関東第一)が適時左前打を放ち同点に追いついた。そして、5―5の9回2死二塁から相手暴投により二塁走者が生還しサヨナラ勝ちした。同点打を放った伊藤雅は「なんとか1点とれるように、ボールに当てればいいやと思って、集中して気づいたら打っていた」と振り返った。

 鳥山泰孝監督は「素晴らしい粘り強さ。国学院らしい粘りができた。今日もヒーローに甲乙つけがたい」とナインを称えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月5日のニュース