国学院大、5点差跳ね返し延長勝ち、貞光「冷静に」10回V撃

[ 2018年10月5日 05:30 ]

東都大学野球第5週第1日   国学院大7―5中大 ( 2018年10月4日    神宮 )

 1回戦2試合が行われ、国学院大が中大を7―5で下した。国学院大は終盤に5点差を追いつき、10回に貞光広登内野手(3年)の決勝左前打などで勝ち越した。立正大は亜大にサヨナラ勝ち。10回に高橋翔大外野手(2年)が右前打を放った。

 5―5の延長10回。1死一、三塁から2番・貞光が決勝左前打を放った。「5回の無死満塁で三振していたので悔しさもあった。とにかく球が来たら打とうと思った」。5回は5点を追う展開で「点が欲しいと力んでいた」と振り返り、以降は冷静に球を見極めて2四球と決勝打を放った。この日まで5試合14打数3安打と不振だったが「タイミングが合っておらず、間の取り方を大事にした」と試合のない2週間で修正し、4打数2安打1打点と活躍した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月5日のニュース