ロッテ ボルシンガーが帰国「来年は1年間、しっかりと投げる」

[ 2018年10月5日 13:26 ]

 ロッテのマイク・ボルシンガー投手(30)が5日、成田空港からアメリカに帰国した。

 来日1年目は外国人投手のプロ野球記録となる11連勝など、20試合13勝2敗、防御率3・06。勝率第1位投手のタイトルは確定している。

 後半戦は右肩の疲労からくる右肘の違和感など、9月8日の西武戦(メットライフドーム)を最後に登板機会はなかった。

 ボルシンガーは「今年は前半戦はとても良かったのだけど、シーズン終盤に苦しい時期もあって勝てなかったり、防御率を落とし、悔しい想いをしった。来年は1年間、しっかりと投げることが出来るように体作りをして臨みたい。また、今年一年、応援をしてくださったマリーンズファンに感謝の言葉を伝えたい。ファンはチームと私をつねに応援をしてくれた。いつもマウンドで声援の後押しを感じることが出来た。本当に感謝をしている」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月5日のニュース