年齢感じさせなかった稼頭央 35歳中村&栗山の力引き出した“無形の戦力”

[ 2018年9月26日 09:30 ]

松井稼頭央引退へ

西武の中村(左)と松井
Photo By スポニチ

 記者も同じ40代。1歳年下だが、敬意を表し「稼頭央さん」と呼んでいた。今季、メットライフドームの練習後、名物の長い階段の下で何度も松井を待った。「お供してくれるの?年取るとキツイわ」と笑いながら一緒に上ってくれた。

 だが、グラウンドでは一切、年齢は感じさせなかった。試合前の練習は手を抜かない。フリー打撃の終盤まで外野で打球を追った。ある関係者はこう口にした。「稼頭央のああいう姿を見て、中村、栗山がまた一段、頑張ってくれるようになった」。

 35歳の2人はメジャー移籍前も一緒にプレーしたことがある数少ない選手。勝負どころで活躍した2人のベテランの力を引き出した、無形の戦力だった。(西武担当・春川英樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月26日のニュース