ハム10・3西武戦に“名誉師匠”さんま来場 清宮ドラフトで木田GMに助言

[ 2018年9月26日 05:47 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 今季日本ハムのオフィシャルファンクラブに入会し、「名誉師匠」の肩書を持つお笑いタレント・明石家さんまが、10月3日の西武戦(札幌ドーム)を電撃観戦することが25日、分かった。

 昨秋ドラフトで、7球団が競合したドラフト1位・清宮(早実)の抽選に臨む木田優夫GM補佐に前夜に「左手でいけ」と助言し、見事引き当てたことが縁で、木田GM補佐を通じてファンクラブに入会。今回、同戦を観戦することが決まった。さんまは6日に発生した北海道胆振東部地震での惨状に深く心を痛めており、日本ハムナインだけでなく、道民にも元気を与えたい意向もあるという。試合前には自らも獲得に貢献した清宮への激励や、当日の来場者の前に姿を現し、何らかのエールを送る可能性も十分にありそうだ。

 チームはクライマックスシリーズ(CS)ファーストSの本拠開催も厳しい状況となっているが、26日のオリックス戦からの9連戦でラストスパートをかけたいところ。優勝の可能性は完全に消滅したが、栗山監督も「まだシーズンは終わっていない」と話しており、お笑い界のレジェンドからパワーをもらって逆転でのCS本拠開催を狙う。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月26日のニュース