3連覇の広島・緒方監督 初の地元胴上げ「夢のような時間」

[ 2018年9月26日 21:29 ]

セ・リーグ   広島10―0ヤクルト ( 2018年9月26日    マツダ )

胴上げされる緒方監督(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 球団史上初のリーグ3連覇を達成した広島の緒方孝市監督(49)が、ナインの手で9回、宙に舞った。

 自身初となる地元での胴上げ。「今年は絶対、マツダで決めると。ファンの皆さん、リーグ優勝3連覇おめでとうございます。最高です。ファンの皆さん(の手と)一緒に胴上げされたような夢のような時間」と喜びに浸った。

 開幕4連勝から着実に勝ち星を積み重ねた。2位・ヤクルトに9.5ゲーム差をつけてのゴールとなった。「長かった。ここまで凄く長く感じた。チームが安定しない中でも主力が若手を引っ張ってくれた。最後までやれるという気持ちでやってきた」と胸の内に秘めた思いをようやく打ち明けた。

 就任4年目で球団史上初のリーグ3連覇を成し遂げた。しかし、日本一はまだない。「まだリーグ優勝という一つの目標を達成しただけ。日本一がゴール」と指揮官。1984年以来、34年ぶりの栄冠へ戦いはまだまだ続く。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月26日のニュース