阪神、球児代役は才木!金本監督が中継ぎ一角に指名「勢いが欲しい」

[ 2018年9月26日 08:40 ]

阪神・才木(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 「球児の穴」は才木が埋める。24日に右肘痛で戦線離脱した藤川の代役に阪神・金本監督は、ここまで先発ローテーションの一角を担ってきた才木を指名した。

 「(代役は)才木。若い力というか、勢いがちょっと欲しいなと思って。彼も良い経験になると思うし」

 2軍から好調な投手を補充するのではなく、7月下旬から先発起用し、6勝している若虎を、ブルペンに組み込んでカバーする狙いだ。指揮官は「いきなり(リードしている展開で使うか)はちょっと分からないけど」と慎重に話しながらも「後ろもできるタイプの投手。真っすぐに力があって、落ちるボールもあって、投内連係もできる」と直球が武器で、フィールディングも抜群な藤川と重ね合わせるように抜てきの意図を説明した。

 6月下旬には中継ぎ待機し、同30日のヤクルト戦では初回に危険球で退場した岩貞に替わってスクランブル登板し6回無失点と好投。香田投手コーチは「ロングリリーフや短いイニングでもいける。球に力があるし、そういう意味では新しいリリーフの一枚として加わってということ」と話し、疲れの見え始めたブルペンに新風を吹かせることにも期待する。

 指名を受けた才木も力強い言葉で意気込みを示した。「言われたところで投げるだけ。体の部分もそうですし、気持ちの面もしっかり準備したい。必要としてもらっているので。期待に応える投球ができれば」。前日24日の巨人戦もベンチ入りメンバーに名を連ね、出番に備えていた。

 逆転でのクライマックス・シリーズ進出に向け、若さと勢いを前面に出し「投のキーマン」として、新たなポジションでも存在感を発揮する。 (遠藤 礼)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月26日のニュース