マエケン 無失点救援も顔面死球悔やむ「本当に申し訳ない」

[ 2018年9月26日 05:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース7―4ダイヤモンドバックス ( 2018年9月24日    フェニックス )

ダイヤモンドバックス戦の8回途中から登板し、2/3回を無安打無失点だったドジャース・前田
Photo By 共同

 ドジャース・前田は4―3の8回1死で登板し、2/3回を無安打無失点で白星に貢献して地区6連覇へマジックを5に減らした。ただ2人目のウォーカーの顔面へ死球を当て悔やむことしきり。「力んでしまった。本当に申し訳ない。僕としても嫌な死球」と振り返った。

 また、敵軍の平野が日本選手シーズン最多登板を更新し「終盤を投げる投手で数多く投げるのは信頼されているから。防御率も素晴らしい。凄いなと思います」と称えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月26日のニュース