仙台育英元監督・佐々木氏が学法石川新監督に 甲子園通算29勝

[ 2018年9月26日 05:30 ]

佐々木順一朗氏
Photo By スポニチ

 仙台育英(宮城)の元監督の佐々木順一朗氏(58)が学法石川(福島)の監督に就任することが25日、発表された。仙台育英では甲子園大会に春夏通算19度出場し、15年夏の準優勝など29勝を挙げた。昨年12月に部員の飲酒などの不祥事を受けて仙台育英監督を辞任し、退職していた。

 学法石川は春夏12度の甲子園出場を誇るが、今夏は福島大会3回戦、秋も県大会準々決勝で敗退。99年夏を最後に全国の舞台から遠ざかっている同校の立て直しへ白羽の矢が立った。年内中にも指導を始める見通しだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月26日のニュース