広島 10点大勝で球団初セ・リーグ3連覇 1強時代到来!2位に9.5ゲーム大差

[ 2018年9月26日 21:00 ]

セ・リーグ   広島10―0ヤクルト ( 2018年9月26日    マツダ )

優勝を決め抱き合う新井、中崎、会沢(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 球団初のセ・リーグ3制覇に王手をかけていた広島が26日、本拠マツダスタジアムでヤクルトに10得点大勝し、3年連続9度目の優勝を決めた。地元・広島で優勝を決めるのは広島市民球場を使用していた1991年以来27年ぶりとなった。

 23日に優勝へのマジックナンバーを「1」としてから2連敗中だった広島がようやく目を覚ました。初回、1死二塁から丸の中前打で先制。なおも1死一、二塁で松山の遊撃へのゴロは、西浦の前で大きく跳ね上がり中前に抜ける幸運な適時二塁打となり、真っ赤に染まったスタンドのボルテージは早くも最高潮に達した。さらに野間、会沢が3者連続となる適時打で続くと、安部にも中犠飛が飛び出し、この回5点を先制し、主導権を握った。その後も打線の勢いは止まらず、計17安打で10得点を挙げて大勝した。序盤に大量援護を受けた先発の九里は8回を2安打無失点で8勝目(4敗)を手にした。

 セ・リーグ3連覇は巨人(9連覇など3度)に次ぐ史上2球団目の快挙。本拠での優勝決定は広島市民球場時代の1991年以来、27年ぶりでマツダスタジアムでは初めてとなった。2位以下に9.5ゲームの大差をつけ、まさに1強の黄金時代を迎えた赤ヘル軍団。1984年以来、34年ぶり4度目の日本一を目指して、まずはクライマックスシリーズ(CS)に向かう。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月26日のニュース