大谷、平均打球速度は全体8位 今季最速はスタントンの195・8キロ

[ 2018年9月26日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―4レンジャーズ ( 2018年9月24日    アナハイム )

ヤンキースのスタントン(AP)
Photo By AP

 エンゼルス・大谷の本塁打以外も含めた今季打球速度最速は、9月13日マリナーズ戦の第2打席で遊ゴロに倒れた際の約183.3キロ(113.9マイル)。平均打球速度は約149.5キロ(92.9マイル)で両リーグ通じて8位。トップはジャッジ(ヤンキース)の約153.3キロ(95.3マイル)。

 なお、今季、大リーグの打球速度最速は、スタントン(ヤンキース)が8月9日の28号でマークした約195.8キロ(121.7マイル)。本塁打の打球速度では上位4傑を同選手が占めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月26日のニュース