駒大、今季初黒星 プロ志望・白銀が救援失敗「うまくいってない感じ」

[ 2018年9月26日 18:20 ]

東都大学野球秋季リーグ戦第4週第1日 1回戦   立正大6―4駒大 ( 2018年9月26日 )

<立正大・駒大>8回、逆転を許しマウンドで悔しがる駒大2番手・白銀(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 この日プロ志望届が公示された駒大の白銀滉大(4年=日体大柏)が救援に失敗。チームも今季初黒星を喫した。

 1点リードの7回から二番手として登板。この回は三者凡退に抑えたが、8回1死から3連打に暴投、代打・伊藤弘に2点適時打を許し逆転された。好調時はサイドハンドから140キロ後半の速球に変化球も低めに決めるスタイルが、今季はまだできていない。本人も「球速にしても出ないのは体の使い方がうまくいってない感じです。下半身というより肩で投げてるような。落ちるボールも決まらないので苦しいピッチングになっているのかもしれません」と投球を分析した。

 今季は全5試合に救援。大倉孝一監督の信頼は厚いが「球威、制球ともまだ甘いかな」と抑えのエースの奮起を期待する。

 「まだ勝ち点を落としたわけではないので次、頑張ります」ドラフト候補は最後に前向きな発言で締めくくった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月26日のニュース