平野、日本人最多74戦登板「自信に」地元記者投票でチーム新人王に

[ 2018年9月26日 05:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス7―4ドジャース ( 2018年9月24日    フェニックス )

ドジャース戦の9回に登板し、日本人メジャー投手のシーズン最多登板記録を74に更新したダイヤモンドバックス・平野
Photo By 共同

 ダイヤモンドバックスの平野はドジャース戦で今季74登板となり、並んでいた大塚(パドレス)、上原(レッドソックス)を抜いて日本選手シーズン最多登板を更新した。

 3―4の9回に登板し、マチャドに適時二塁打を浴びるなど3失点。節目の登板を好内容で飾れず「自滅です」と言いつつ「(メジャーは)こうしていつ点を取られるか分からない高いレベルの場所。数字として残っているので自信にして良いことだと思う」と続けた。終盤まで優勝争いしたチームを支えた功績は色あせない。試合前には地元記者の投票でチームの新人王に選ばれた。「そう見てもらえたのはうれしい」と感謝した。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月26日のニュース