ヤクルト 広島V阻止!3連勝で今季最多貯金5 小川監督「凄い粘り」

[ 2018年9月26日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト7―4中日 ( 2018年9月25日    ナゴヤD )

9回2死一、三塁、坂口は同点となる右前適時打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 V3目前の広島に、また歩を進めさせなかった。ヤクルトは3連勝で今季最多の貯金5。小川監督は「凄い粘りだった」と言った。

 2点を追う9回だ。1死二、三塁から代打・大引の右前適時打で1点差。さらに2死一、三塁で坂口に同点の右前適時打が出た。延長10回は1死二、三塁から川端の一ゴロが野選を誘って勝ち越し、2死満塁から新人の宮本が2点打を放った。

 総動員。2人の捕手を出場させると、捕手経験のない外野手・比屋根が有事に備えた。26日からは広島と敵地で3連戦を迎える。指揮官は「優勝阻止とかではなく、目の前の試合を勝つことだけ」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月26日のニュース