マエケンから顔面死球 Dバックスのウォーカーが今季残り試合を欠場

[ 2018年9月26日 10:37 ]

顔面に死球を受けたウォーカーをトレーナーが処置 (AP)
Photo By AP

 顔面に死球を受け、鼻を骨折したダイヤモンドバックスのクリスチャン・ウォーカー内野手(27)が手術を受けることになり、今季残り試合を欠場することになった。

 ウォーカーは24日のドジャース戦で前田から顔面に死球を受けて途中退場。骨折した鼻にはプレートが埋め込まれるほか、顎も1週間はワイヤーで固定され、この先1カ月間の食事は流動食になるという。今季の成績は37試合に出場して打率1割6分3厘、3本塁打、6打点。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月26日のニュース