“千両役者”オリックス・中島が逆転打で観客を魅了「一つでもいい場面を見てもらってよかった」

[ 2018年9月26日 21:42 ]

パ・リーグ   オリックス3―2日本ハム ( 2018年9月26日    京セラD )

ヒーローインタビューで笑顔を見せる中島(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 1点を追いかける8回。2死三塁からロメロ敬遠、吉田正死球で満塁のチャンスを迎え、打席に立つのは中島。好投手・宮西の前にカウント1―2と追い込まれるが、5球目をはじき返し、値千金の逆転2点タイムリーとなった。

 中島は巡ってきたチャンスの状況に「一番いい場面回ってきたって思って、ヒーローになるチャンスやと思っていった」と、意気に感じていた様子。みごとヒーローの座を勝ち取り「めっちゃ興奮してます」と、満面の笑顔を見せた。

 “ファンの声援はどのように届いていたか?”の問いには「早い試合展開で、せっかく来てもらったのに、早く帰ってもらったらあかんな、と思って」と、何とも優しい気遣い。結果、爽快な逆転勝利を見せつけ、「一つでもいい場面を見てもらってよかったなと思う」と誇らしげだった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月26日のニュース