西武・源田、9番で猛打けん引 秋山の劇弾呼んだ

[ 2018年9月26日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―3楽天 ( 2018年9月25日    楽天生命パーク )

5回1死一塁、左前打を放つ源田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 9番に入った西武・源田が3安打と活躍した。5、7回の安打に続いて、9回1死一、二塁では中前打。秋山の劇的な逆転満塁弾を呼び込んだ。「3安打はたまたま」と言いながら「(逆転は)うれしい。打てて良かった、という思いも増すので」と笑顔を見せた。

 この日は金子侑が2年ぶりに2番でスタメン出場。定位置から9番に回った源田が渋く輝いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月26日のニュース