ソフトB上林 5階席へ特大先頭弾も「そのあと打ちたかった」 

[ 2018年9月26日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク8―5オリックス ( 2018年9月25日    京セラD )

初回、先制の先頭打者本塁打を放つ上林(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・上林が今季3度目の先頭打者本塁打で流れを呼び込んだ。8月21日の日本ハム戦以来の1番に座り、カウント1―1からオリックス・ローチの低めカットボールをすくい上げた。

 右翼5階席まで運ぶ22号アーチにも「1本打てたのは良かったけど、そのあと打ちたかった」と、それ以降の凡退を悔やんだ。工藤監督は「上林くんのホームランは効果的だった」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月26日のニュース