ロッテ ナイター練習 「明るい」LED化された照明下で飛球追う

[ 2018年3月27日 19:11 ]

ナイター照明のZOZOマリンで飛球を捕る練習を行うロッテナイン
Photo By スポニチ

 ロッテがシーズンの開幕を前に、ナイター照明のもとでフライを捕球する練習を行った。

 今季から本拠のZOZOマリンでは、人工芝の張り替えとともに照明がLED化された。午後6時過ぎ、照明がつけられた状態で選手は飛球を追いかけた。

 30日の楽天との開幕戦は午後6時30分プレーボール。受けた選手からは「明るい」などの声が漏れた。井口監督は「明るいね。いきなり試合でやるよりいいので。光が(横に)直線なのでどうなるか。でも、他の球場も(今は)LEDだし、それほど変わらないと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月27日のニュース