【伊東勤氏 パ順位予想】総合力でソフトB オリ&ハムがAクラス食い込めば…

[ 2018年3月27日 10:30 ]

ソフトバンクの守護神サファテ
Photo By スポニチ

 絶対王者の牙城を崩すのは――。30日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣が2日間にわたって両リーグのペナント争いの行方を占う。

 【順位予想】1位・ソフトバンク、2位・楽天、3位・西武、4位・ロッテ、5位・オリックス、6位・日本ハム

 総合力でソフトバンクが抜けている。特筆すべきはサファテの存在。後ろから計算できることが大きい。彼がいる限り優位は揺るがない。逆に何かあると死角となりかねない。

 現状はAクラスとBクラスが大きく分かれると思っている。かき乱すとしたらオリックス。例年下馬評は高いが機能しきれていない。ただ選手層も質も十分。Aクラスに入れる力は備えており、そうなるとリーグ全体が面白くなる。日本ハムも新陳代謝に優れたチームで戦力が抜けた後にいい成績を残す。他球団のマークが薄れれば間隙(かんげき)を突き勢いに乗る怖さはある。

 ソフトバンクに次いでまとまっているのが楽天。打線は得点力があり、問題は投手。そこも藤平の成長などで左右のバランスが良くなってきた。西武は打つことにかけてはトップクラス。先発投手の踏ん張り次第だろう。昨季まで率いたロッテは新戦力頼み。新人野手2人に外国人がどこまで働けるかだが、未知数の魅力はある。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月27日のニュース