マー キャンプ終え自信「結果どうであれ貫いて調整した」

[ 2018年3月27日 05:30 ]

練習を終え、笑顔で引き揚げるヤンキース・田中
Photo By 共同

 ヤンキース・田中がメジャー5年目のキャンプを終え「結果がどうであれ、こうやっていこうというものを貫いて調整したことは今までになかった」と振り返った。

 オープン戦は4試合、計13回2/3を11失点で防御率7・24。「打たれると気持ち良くないし、腹が立つけど、シーズンが始まる前に同じストレスを感じてやれたのは良かった」。開幕2戦目、30日(日本時間31日)の今季初登板へ手応えを口にした。 (タンパ)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月27日のニュース