【田淵幸一氏 パ順位予想】星野さんの夢、阪神と楽天で日本Sを 

[ 2018年3月27日 10:10 ]

楽天の星野仙一元監督
Photo By スポニチ

 絶対王者の牙城を崩すのは――。30日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣が2日間にわたって両リーグのペナント争いの行方を占う。

 【順位予想】1位・ソフトバンク、2位・楽天、3位・西武、4位・オリックス、5位・ロッテ、6位・日本ハム

 楽天に期待。私も両チームのユニホームを着たが、星野監督も生前は「阪神と楽天の日本シリーズが夢なんや」といつも言っていた。ソフトバンクは確かに強いが、昨季フル回転の守護神・サファテは4月の誕生日で37歳。安定感を欠く可能性はあるか。その王者を逆転するチーム力があるとすれば楽天だ。仙台と甲子園で日本シリーズ。実現すれば星野監督も喜ぶだろう。

 楽天は投手陣が安定しており、野手も20代の選手が育ってきて投打のバランスが取れてきた。オープン戦首位打者の内田の存在も面白い。昨季はイースタンで本塁打、打点の2冠王。和製大砲が覚醒すれば、得点力は大幅にアップする。

 ペナント争いの鍵を握るのはオリックス。打線では吉田正の充実度。投手はルーキー・田嶋がいい。左腕が遅れて出てきて、ボールに切れがある。打者は打ちづらいはずだ。

 日本ハムの大谷が抜けて迎えるシーズン。新たなスターの誕生にも期待したいと思う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月27日のニュース