大谷 ノーステップ打法に近い形「トップに入る過程を省いた スイング自体は変わっていない」

[ 2018年3月27日 14:45 ]

オープン戦   エンゼルス4―1ドジャース ( 2018年3月26日    ロサンゼルス )

<オープン戦 ドジャース・エンゼルス>4回無死、左前打を放つ大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が26日(日本時間27日)、ドジャース戦に「8番・DH」で出場し、渡米後初の2試合連続安打をマークした。第2打席で左前打を放った。内容は三邪飛、左前打、一直、空振り三振。チームは4―1で勝った。

 いずれの打席も右足を上げない「ノーステップ打法」に近い形を試したが、理由については「いろいろと試しながら省けるところはどんどん省いていければいいと思っている。実戦はそれなりに良い感覚で入れた」と説明。「形は変わっているように見えますけど、そんなに変わっていない。トップに入る過程を省いたくらい。そんなにスイング自体は変わっていないかなと思います」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月27日のニュース