【張本勲氏 パ順位予想】ソフトB、故障が不安材料 ハムは中田の奮起期待

[ 2018年3月27日 10:00 ]

日本ハム・中田
Photo By スポニチ

 絶対王者の牙城を崩すのは――。30日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣が2日間にわたって両リーグのペナント争いの行方を占う。

 【順位予想】1位・ソフトバンク、2位・楽天、3位・西武、4位・日本ハム、5位・ロッテ、6位・オリックス

 楽天、西武がソフトバンクにどこまで食い下がれるか。ソフトバンクは投打、走攻守と頭一つ抜けている。不安材料は選手の故障か。開幕投手が予定されている千賀に、内川もケガが増えた。

 楽天は則本、岸、美馬の先発陣に、守護神に若い松井と駒はそろう。則本は円熟期。空振りを奪える切れ味満点の真っすぐは、他の投手の追随を許さない。助っ人の比重が高い打線とかみ合えば王者を脅かす存在になる。

 西武の打線は12球団No・1だろう。「水もの」とは言われるが、オーダーに切れ目がなく長打力があり、足も使える。ロッテはパ・リーグで唯一の新しい指揮官である井口監督の戦い方に注目。上位3強との差はあるかもしれないが、戦力に合った、理にかなった戦い方ができるか。

 日本ハムは大谷が抜けて苦しいが、だからこそ主砲・中田の奮起に期待したい。春季キャンプでも助言したが、打率・300、30本塁打、100打点なら「あっぱれ」だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月27日のニュース