【牛島和彦氏 パ順位予想】ロッテ井口監督の手腕期待 楽天は則本がけん引

[ 2018年3月27日 10:20 ]

楽天・則本
Photo By スポニチ

 絶対王者の牙城を崩すのは――。30日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣が2日間にわたって両リーグのペナント争いの行方を占う。

 【順位予想】1位・ソフトバンク、2位・楽天、3位・西武、4位・オリックス、5位・日本ハム、6位ロッテ

 ソフトバンクの1位は動かしがたいとしても、2〜4位は迷った。楽天は投手陣が安定しており、若い選手も着実に成長。夢、可能性を感じる。則本、岸の2人で30勝。美馬も合わせて40勝以上を計算できれば、ソフトバンクに最後まで食らいついていけるはずだ。

 則本は彼が大学時代から見ている。当時からハングリーで向上心の塊だった。過去5年間はフル回転。登板イニング数がリーグ最多だったのが3度もある。馬力はあるタイプだが、今季も故障せず最後までチームを引っ張ってほしい。

 西武、オリックスも含め、Aクラス争いはし烈になる。西武は先発陣に不安が残る。オリックスは昨季から比べてマイナス要素が少なく、ドラフト1位・田嶋やFA加入の増井らプラス材料が多い。上位をうかがう雰囲気を感じる。

 ロッテの井口監督は昨季まで一緒にプレーしており、野手に関しては確固たるプランがあるだろう。投手の立て直しに注目したい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月27日のニュース