21世紀枠・伊万里 希望の2得点「アルプス沸いて足震えた」

[ 2018年3月27日 05:30 ]

第90回選抜高校野球大会2回戦   伊万里2―14大阪桐蔭 ( 2018年3月26日    甲子園 )

目の保護のため、サングラス姿でプレーした伊万里・梶山
Photo By スポニチ

 21世紀枠の初出場校・伊万里(佐賀)が「横綱」から2点を奪った。8回、末吉が左翼フェンス直撃の適時打。「打球を見ていたら一塁を踏み忘れて」単打となったが甲子園初得点に「アルプスが沸いて、足が震えた」と興奮。

 4番・梶山は2安打。紫外線を浴びると失明の恐れがある「翼状片」という病気の影響で、小学5年からかけ始めたサングラスをプレーの際は外さない。「目に障がいがある人に勇気を」と全力を注ぎ「あの歓声の中でやれたのは糧になる」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月27日のニュース