【中畑清氏 パ順位予想】楽天、則本&岸で安定感 ハム清宮の起用法注目

[ 2018年3月27日 10:25 ]

日本ハム・清宮
Photo By スポニチ

 絶対王者の牙城を崩すのは――。30日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣が2日間にわたって両リーグのペナント争いの行方を占う。

 【順位予想】1位・ソフトバンク、2位・楽天、3位・西武、4位・オリックス、5位・日本ハム、6位・ロッテ

 間違いなくソフトバンク。借金5に終わったオープン戦の成績は全く関係ない。あり余る戦力。長いシーズンを考えれば、どう見ても1番手だ。

 追うのは楽天。則本、岸という先発の二枚看板がいて、打線も面白い。チマチマした攻撃じゃなく、昨季に続いて2番・ペゲーロという独特の野球を見せてくれそうだ。星野さんの弔い合戦というのもプラス材料になる。

 西武は打線がいいんだよなあ。投手は足りないような気がするけど、強力打線が投手を育てる形ができれば面白い。オリックスは戦力は整ってきているけれど、連勝できるイメージがあまり湧かない。ロッテは井口新監督ののびのび野球に期待したいが、戦力的に見ると厳しいかな。

 日本ハムの清宮にも注目。1年目にどんな成長を遂げてくれるか。その起用法が凄く気になる。球界の宝をどう育てるか。良くても悪くても1軍で使って、どこまで苦しむか。成長のためにプロの壁を味わってほしい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月27日のニュース