楽天・則本、グラブに“闘将魂” 星野氏の背番「77」刺しゅう

[ 2018年3月27日 06:41 ]

故・星野仙一さんへの思いをこめ”77”と”STAR”のロゴが刺繍された則本のグラブ
Photo By スポニチ

 楽天のエース・則本が1月に亡くなった星野仙一前球団副会長の監督時代の背番号「77」を、今季のグラブに刺しゅうして臨む。

 15年からアドバイザリー契約を結んでいるアディダス社と、新たに複数年契約を締結。青色のグラブには、自身の名前の横に金色で「77」の星形ロゴを入れた。新人だった13年に開幕投手に抜てきしてくれた恩師への思いを胸にプレーしていく考えで「日本、世界を代表する投手として活躍していきたい」とコメントした。

 また、球団は背番号「77」を永久欠番にすると発表。今季はチーム全員がユニホームの左胸の裏地に「77」の数字のロゴをつける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月27日のニュース