静岡 ベスト8懸けて29日に東海大相模と激突 栗林監督「やりがいある」

[ 2018年3月27日 14:26 ]

聖光学院―東海大相模を観戦するエース春(手前)ら静岡ナイン
Photo By スポニチ

 第90回記念選抜高校野球に出場している静岡のベスト8進出を懸けた3回戦(29日)の相手が東の横綱・東海大相模(神奈川)に決まった。

 ナインは27日、甲子園球場で聖光学院(福島)―東海大相模の2回戦を観戦。初回に一挙6点を奪って逆転するなど、投打に相手を圧倒した次なる敵の戦いぶりに、栗林俊輔監督(45)は「やりがいがあります。頑張ります」と気合十分に練習に向かった。

 エース右腕・春翔一朗投手(3年)も「確かに打線は打つと思います。でも、今までと変わったことはしません。相手を意識しすぎて力を出せずに負けるのだけは嫌ですから」と84球奪三振ゼロで完封した初戦同様、バックを信じてリズム良く打たせて取る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月27日のニュース