東邦、初戦で涙 2年生4番・石川「修正できなかった」

[ 2018年3月27日 05:30 ]

第90回選抜高校野球大会2回戦   東邦3―5花巻東 ( 2018年3月26日    甲子園 )

花巻東に敗れ、アルプス席の応援団に挨拶をしてベンチに戻る東邦ナイン
Photo By スポニチ

 東邦(愛知)は全国単独最多、5度目の優勝を狙った春は初戦で幕を閉じた。9回に昨秋公式戦6本塁打の梅田の安打から2点を返したが反撃及ばず、森田泰弘監督は「完敗です」。

 注目の2年生4番・石川は甲子園デビュー戦を4打席凡退で終え、「あそこまで(球が)遅い投手と対戦したことはない。崩され、修正できなかった」と唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月27日のニュース